最適化されたマイホームを手に入れるために

高気密・高断熱

FrontPage

a:3813 t:1 y:0

 高気密・高断熱について



 高気密・高断熱については、どのハウスメーカーさんでも口にしますので、家を建てようと思われている方で、この単語をお聞きになったことのない方は、いらっしゃらないと思います。


 しかし、高気密・高断熱と言っても、ハウスメーカーさんのよって、その値は様々です。営業の方に騙されないように、各社の値がどれくらいか知っておくことが大切だと思います。


s_auto_vwH168.jpg


 ちなみに我が家の、Q値は1.5位、C値は0.09となっています。

 空調について



 空調を考えるにあたり、問題となるのは、換気システムと冷暖房システムです。

 換気システム



 高気密・高断熱の家においては、窓を開けないが基本となります。そのため、換気は、機械換気となります。現在は、24時間換気が義務づけられています。

 空調システム



 空調システムを構築するにあたり、重要となるのは、冷房と暖房をエアコンのみを使って行うか・それぞれ別システムとするか、の検討です。


 我が家では、別システムとしました。理由は、現時点のエアコンの機能がそのレベルに達していないという事からです。

 冷房



 我が家の冷房は、1階に一台、2階に一台としました。2階の各部屋には、壁に設けたファンで個別空調可能としました。

 暖房



 暖房は、輻射暖房である温水を回すシステムとしました。深夜電力を使った蓄熱システムです。

 加湿



 我が家は結露しない家ですので、問題は冬場の乾燥です。それを解消するために、外気から湿度を取り入れるエアコンを導入しました。


 暖房は、温水で行い、湿度はエアコンで調整するつもりです。


powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional